FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり日記(島根県編) その1

さて、「モノドーグ」さん今回はどちらへ?:

 今度は「倉敷」更には「岡山」も飛び出しなんと「島根(出雲地方)」へ行ってきました。

 ※いきなり出ちゃいました。
 
 これも、何かの縁なので色々と島根の報告です。

 今年の冬は、山陰地方にドカ雪が降り、

 国道9線の上で立ち往生し、車の中で1昼夜を過ごすというニュースになりましたね。

 このタイミングではありませんが店長も、夜島根から岡山へ戻る時、米子道が通行止めになり

 下道の国道を帰り、吹雪と凍結で怖い思いをしました。

 そうそう、米子道や峠付近には4月になっても今だに根雪がありましたよ。


 さて、色々と紹介を始めましょう。


 出雲地方とは島根県の東部に位置し、東の鳥取県と隣接しています。

 やはり第一印象は、歴史と文化の街ってイメージがあるのですが

 今、島根は縁結びで有名ですよね。

 その縁結びのスポットをツアーで巡ったりするらしいです。

 →「神話の国 縁結び観光協会

 八重垣神社鏡の池も有名だそうですよ。

 もちろん一番に浮かぶのは、神様が集まる国ですから出雲大社ですよね。

 現在改修工事が行われているのですが、黄金週間夏休み(8月)

 「御本殿大屋根特別拝観」が可能みたいですよ。

 →「出雲大社御遷宮奉賛会事務局

 そうそう、岡山の吉備津神社も改修工事が終わり

 屋根が新しくなりました。屋根は、樹の皮を重ねて作られているんですよね。

 是非、見に来てください。  ここにも職人さんの匂いがプンプンします。

 かっこいいんです。

 →「岡山 吉備津神社

 ※でも、表皮が剥がされた樹はどうしているんでしょうか?
 
 それから、松江城とその周りのお堀巡り

 →「出雲観光協会

 それから夕刻の宍道湖は最高でしたよ。見たことがない方は是非。

 岡山では見ることが出来ない風景でした。

 その昔からずーっと見て来た事実と、この先の未来へ伝える風景。

 絶句でした。  時間を深く感じる事が出来ます。

 もちろん、昼間でも綺麗ですけどね。  でも、全く違う表情なんです。


まだまだ伝えたい事があるので、
 
 →「ぶらり日記(島根県編) その2」へバトンタッチします。


 
ものどぐえ@つづく

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://monodogue.blog104.fc2.com/tb.php/26-8fd2b090

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。