スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈義町 ウッディライフ草苅にて その1(イベント後記 2012年8月)

8月のイベントが終わってから、もう2週間前になろうとしています。

 その時に撮った写真と共に振り返ってみますね。


 まずは、イベント前日の8月22日。

 石田製帽さんの工場から出発です。
 
 奈義町への到着は、11時過ぎ。 岡山の県南西部(笠岡)から 県北東部(奈義町)への大移動。

 疲れたー。と言っていても終わらないので、早速準備開始です。

 色々、配置を考え、途中入れ替えしながらの準備。

 2階部分を利用して、2部屋へ配置。

 東側へは、やきものを。

 DSC08841.jpg

 東出雲町 鳴窯 石田充弘 と、

 牛窓町 くらふとどごん


 西側へは、帽子を。

 DSC08845.jpg
 石田製帽 モノドーグが販売中のモノにも増して、かなりの帽子を持参頂きました。

 なので、このボリュームです。(両脇の棚にあふれんばかりの帽子ー。)


 自分たちの販売風景がないのが、ちょっと残念ですが・・・。

 ちゃんと、販売してましたよ。(サボらずに・・・)

 DSC08911.jpg


 
 山陽新聞の朝刊「エリア版」掲載を見て、足を運んで頂いたお客様。

 那岐山麓 山の駅の帰りに寄っていただいたお客様。

 ウッディライフ草苅の常連のお客様。

 様々な方に、お会いできました。


 そうそう。 今回のイベントには、もう一つの楽しみが・・・。

 DSC08829.jpg
 石田製帽 安藤さんがギターの弾き語りを披露してくれたんですよ。(これは準備の風景)

 販売の合間を見て、演奏をとマルチに有難うございました。


 DSC08925.jpg
 2階の東側から見える 夏の風景。


 今回は、草苅さんのご厚意(無理やりお願いしたのですが・・・)で民泊を

 させて頂きました。

 そのうちの1日に、こんな(贅沢な)モノをご用意頂きました。

 DSC08856.jpg
 
 このお肉 イノシシなんです。 (南部じゃお目にかかれません) 塩コショウで最高!

 全然クセがないし、脂身(白身)が厚く見えますが、くどくないんです。

 牛肉も準備して頂き、本当にすみません。

 そんな、(仕事なのに)素敵な夏休みを過ごさせて頂きました。


 その2 では、草苅さんのおそばの製作風景をリポートしたので紹介しますね。



ものどぐえ@

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://monodogue.blog104.fc2.com/tb.php/116-17697fe7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。